即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~ » 買取業者と揉めたケースは?

買取業者と揉めたケースは?

トラック売買におけるトラブルについて考察しています。

どんなトラブルが起こりうるのか?

トラック

発展途上国をはじめとする、海外からのニーズがあることで多くの買取業者が存在するトラック市場。

そのため、どの業者を選べばいいかわからないからといって適当に選んでしまっては、悪質な業者にあたってしまうこともあります。

以下によくある事例をまとめました。

名義変更に関するトラブル

トラックを売買する上で非常に大切なのが名義変更です。

名義変更をしなければ、所有権は買い取った業者ではなく売った人のまま。

買取られた車が当て逃げしたり駐車禁止切符を切られた場合、 責任の一部が名義人に降りかかってしまう可能性があります。

評判の良くない業者にそういった手続きを任せてしまうと、名義変更が遅かったり、最悪の場合、そもそも変更する気が無かったといったケースもあります。

売却後のトラブル

多くのトラックは、業務用として運用されており、所有している会社のロゴが入っています。

本来、売却されたトラックについているロゴは、買い取った業者が消す処理をするという契約を結びます。

しかし、売却した後にそういった処理が施されず、次の買い手の元に行ってもロゴがついたままということがあったそうです。

トラブルを避けるために

上記の件どちらにも共通して言えるのは、買取業者がやらなければいけない事をきちんとしない悪質な業者であったということです。

そのような業者を選んでしまわないためにも、しっかりと下調べする事が重要です。

業者によってはホームページに「お客様の声」や「顧客満足度」といった情報を載せているところもありますので、評判が良くて信頼できる買取業者を選びましょう。

キャンセル料に関するトラブル

トラック買取を行っている業者の多くは、ネットでの簡易査定に対応しています。

簡易査定でおおよその買取額が分かり、現地査定で正確な査定額が出るという仕組みです。

通常であれば、簡易査定と現地査定の金額の差はほとんどありません。しかし、本来であれば簡易査定の段階で減額すべきところを、あえて減額せずに高い査定額を提示し、現地査定のときに大幅に減額するといったやり方をする業者もあります。

そのような場合には、キャンセルをしようとするでしょう。しかし、悪質な業者は法外なキャンセル料を請求します。

最初からキャンセル料を取ることが目的で、意図的に簡易査定と現地査定で大きな差が出るようにしているのです。

特に悪質性の強い業者の場合には、問題ない状態でも重箱の隅をつつくようにして減額理由を提示してくることもあります。大幅に減額された金額で売るか、法外なキャンセル料を支払うかの選択を迫られトラブルに発展してしまうケースが多いのです。

このように法外なキャンセル料を請求する悪質業者は、消費者契約法に抵触する可能性があります。

既にこの手のトラブルに見舞われているのであれば、消費者センターへ通報する、もしくは通報を臭わせて交渉することなどが対抗策として挙げられます。

しかし、可能であればトラブルに遭わないに越したことはありません。消費者センターへ通報するのにも手間と時間がかかります。

そして、このようなキャンセル料を巡るトラブルは、事前に防止することも十分に可能です。

現地査定の依頼をする前の段階で、契約に至らなかった場合の扱いについて確認しておきましょう。

キャンセル料の他に出張料などの名目で費用を請求されないかどうかの確認も必要です。

「出張料無料」や「無料査定」のような表示がなされていても、契約に至った場合のことを指しているケースもあるため注意しましょう。

また、査定料や出張料は優良業者なら無料というわけではありません。優良業者でも査定料や出張料がかかることがあります。

その場合、あらかじめ分かりやすく表示してあることが多いです。

キャンセル料に関しても、あらかじめ提示した上で法外な金額でなければ問題ありません。

個人情報に関するトラブル

トラックを買取に出す場合には、業者に個人情報を提示しなければなりません。

氏名や住所、電話番号などです。身分証明書の提示も行います。そして、買取をした業者は、個人情報を適切に管理しなければなりません。

しかし、悪質な業者の場合には個人情報を他業者に売ってしまうことがあります。

売られた個人情報は悪用されるケースが多く、自分の知らないところで自分の名前が使われてしまうというトラブルも発生しています。

多くの場合、身に覚えのない電話や郵便物が来ることで発覚し、大きな損害を被ってしまうことも少なくありません。

どこで個人情報が漏れたのか特定できないケースや、トラックの買取をしたときだと勘づいていても証拠がなくてどうしようもないケースも多いです。

このような個人情報の漏洩に対する防止策としては、身元のはっきりした業者を選ぶことが大切です。

知名度の高い大手の業者を選ぶ方法もありますが、有名な業者で古いトラックの買取を行っているところはあまりありません。また、査定額が高いとも限りません。

そのため、中小の業者の中から、信頼できるところを探すことになるでしょう。

その際に、買取先の候補に挙がった業者のホームページを見て、会社名や所在地、代表者氏名などが記載されているかどうかチェックしてみましょう。

個人情報を売買するような悪質な業者の場合には、ホームページにそのような自社に関する情報を掲載していないことがほとんどです。

会社概要や沿革など、自社に関する情報をできるだけ詳しく記載している業者なら、安心度が高いと言えます。

利用者側に原因があるトラブルも

トラック買取の際に起こるトラブルは、業者が原因のトラブルだけでなく、利用者側に非があるトラブルも発生しています。

よくあるケースとしては、ネット上で行う簡易査定で、正直に車両の状態を申告しなかった場合です。

現地査定で査定額が下がってトラブルになってしまうことが稀にあります。

簡易査定では実物を見られないため、利用者が申告した内容を元に査定額を算出することになります。

事故歴や修理歴、故障箇所があるのに隠して申し込みをすると、簡易査定で高い金額になっても、現地査定で減額されてしまうでしょう。

中には小さな修理歴はバレないと思って、申告しないで査定を申し込む人もいるかも知れません。

しかし、相手は車のプロです。僅かな修理歴でも簡単にバレてしまいます。都合の悪いことを隠して申し込みをすることは、自らトラブルを誘発していることになるでしょう。

買取業者から見れば、悪質な利用者と判断されてしまうかも知れません。

そのため、査定の申し込みの際には、車両の状態や事故歴、修理歴などを全て正直に申告するのが賢明です。

トラブルを避けるために私たちがしておくべきこと

現金化

問い合わせの時

一括査定で査定を申込むとき

トラック査定を申し込む時、沢山のトラック買取に関する情報サイトがありますが、中でも1回情報を入力すれば複数の買取業者へ一括で申し込みをしてくれるサイトが多く存在します。

そのような一括申し込みサイトは、様々な手間が省け時間のない時にもとても便利なサイトなので多くの人が利用しています。

一括で申し込めるという部分は非常に便利ではありますが、依頼する業者をちきんと確認しないまま申し込みをしてしまう人が非常に多いです。

それの何がいけないの?と思う人もいらっしゃるかもしれません。

実は、査定依頼先の業者の中には悪徳業者が含まれていることがあるのです。

個人情報などが悪用されてしまう危険性があったり、納得のいく査定が受けられない可能性が考えられます。

そういったトラブルに巻き込まれないようにするためにも、一括査定の申込みをする前にどんな業者に査定依頼がされるのかをきちんと開示している査定サイトにてしっかりと確認をしてから申し込むようにしましょう。

聞かれたことに対して虚偽なくきちんと答える

買取の申込の際に、走行距離や年式などのトラックの車輌状態をについて事前に聞かれることがあります。買取業者はその情報をもとに、目安の金額を算出して伝えてきます。

ただ、それはあくまで「目安の金額」です。実際に車両を見ていないのに、はっきりとした金額が出せるはずがありません。

鵜呑みにせすに参考にする程度に留めましょう。もしくは申込時に、金額の幅などを予め確認しておくと良いかもしれません。

また、事故歴や修理歴がある場合、どんな小さなことでも、電話対応時に予め正直に伝えておくべきです。事実を隠したところで、車輌を見るのは相手はプロです。

実際の査定で見破られる可能性が非常に高いです。

査定金額が減額される原因ともなりますので、査定前にきちんと伝えておきましょう。

これは、最低限のマナーでもあります。

査定時

実際に査定をしもらう際に問い合わせ時と事実が違っている

基本的に査定は「無料」で行なっている業者がほとんどです。買取サイトを見てみてもそのように記載されているところがほとんどです。

しかし、実際に査定をしてもらい提示してもらった金額に納得がいかなかった場合、もちろん断ることも可能ですが、その際に交通費等の名目で手数料を要求されることもまれにあります。

査定前に、どんな場合でも本当に料金が発生しないのか前もって確認しておくようにしましょう。

また、査定金額を聞いて、その場では決められない、一度検討したいなどで、いったん保留にするという場合、次の査定では今日と同じ金額は出せない、査定金額を下げるますなどと言って、その場で決断をさせようとする業者もいます。

じっくり検討して決めたいという方は、問い合わせの時点でそのように伝えておくのが得策でしょう。

査定金額を下げてくる

依頼者側が査定金額に納得して、いざ契約するぞ!という時に、契約寸前で何かと理由を付けて買取金額を下げようとする買取業者がいます。

買取業者が100%悪いと言い切れるわけではありません。、査定を依頼する側も責任があります。

査定時に、車輌の状態を虚偽なくしっかりと伝えておくことでそのようなトラブルを未然に防いでいかなければなりません。

トラック売却時

名義変更を代行してもらう際の注意点

トラック売却後、ほとんどの業者が名義変更などの書類手続きを無料でしてくれます。

査定・契約・買取金額の受け取り・車輌の引き渡しが終了したら、すべての手続きが完了したと思ってしまう人が多くいらっしゃいますが、一番重要な手続きの「名義変更」は、陸運局にて手続きをするということもあり、時間を要するので、事実上、その時点で手続きはまだ終わってはいないのです。

売却後でも名義変更が完了するまでは安心してはいけません。

買取業者の中には、いつまで経っても名義変更の手続きを行なわず時間がかかり、たとえ完了したとしても報告が全くないというところもあるので要注意です。

名義変更が完了した時に初めて、すべてが終了したと言えるのです。

名義変更が終了したらきちんと通知をしてくれる業者かどうか、前もって確認しておきましょう。また、「手続きの手数料は一切かかりません」とうたっておきながら、いざ契約!という時に追加で料金がかかると言われてしまった・・・なんてこともまれにあるので、その点も確認しておきべき事項の一つです。

このように、査定前にしっかりと確認しておくことで、意見の食い違いやトラブルを未然に防ぐことができます。

また、それが納得のいくトラックの売却が繋がっていきます。

売却する側も買い取る側もお互いが気持ちよく終われるようにしていきたいですね。

売却後に起こりうるトラブルのケース

トラック売却が終わってもしっかりと手続きが終わったという完了報告を何かしらの形でもらうまで、きちんと経過を追う必要があるということは、前の項目のとおりですがトラックを売却が完了した後でも、まれにトラブルが起こるケースがあります

トラックが不法投棄されたケース

廃車されるトラックは、本来であれば解体しパーツをしっかり分けた上でリサイクルの処理が行なわれなければなりません。これは、自動車リサイクル法にてきちんと決められているものなので、万が一、守らなかった場合には以下のような厳しい罰則が課せられます。

「1年以下の懲役、または50万以下の罰金、廃棄物処理法の許可を受けていない場合は、無許可営業として5年以下の懲役、または1000万円以下の罰金となる。」

このような罰則がありますので法律を遵守していかなければなりません。

登録・許可を受けていない悪徳業者に依頼してしまえば永久抹消登録や取引証明書を取り交わすこともできませんので、正しい廃車手続きを行なうことができずに、結果、不法投棄となってしまうケースがあるのです。

高額な廃車・書類手続き費用を請求してくるケース

トラックの会社名を消さずにそのまま市場に出回ってしまうケースがあります。

売却したトラックに社名やマークが入っている場合、買い取った業者がしっかりと消してから、次のオーナーへと引き渡されるのが普通です。

ですが、このような当たり前のことをやらない業者もいるのです。

売却した会社の社名が入ったままで次のオーナーへ納車・・・ということもあるのです。

売却した会社にも新しいオーナーにも迷惑がかかる行為です。このようなことをする業者は決して優良業者とは言えません。

契約していないのに起こるトラブルもある。

査定手数料を請求してくる

一般的に、買取業者の出張査定は無料となっているところが多いです。ですが、一部の買取業者は査定料を取る場合があります。

査定を申し込む際にCMやインターネットを見て問い合わせをするところから始まると思いますが、査定料は無料と大々的に宣伝されていることが多いですが、その横に小さく「一部対象外のものがございます」等々の注意書きがされている場合があります。

顧客はこれを見逃しがちなのです。広告内容を隅から隅まで見ること、書いてないことが申し込みの時点でしっかりと聞いておくことが大切です。

また、実際に査定に来てもらい金額を提示されたところで必ずしも「契約成立」となるわけではありません。

思っていたよりも金額が安いので今回は売りたくない、一旦考え直したいなど、決定の基準は人それぞれ違うからです。

ただ、買取業者側の意見だと出張査定として時間を作ってわざわざ出向いてきたわけなので、絶対に買い取って持ち帰りたいのです。

金額を提示した後に交渉をしていくらか金額が上がることもあるかもしれませんが、それでも納得いかない場合は契約は不成立となります。

そうすると、顔色を変えて、査定料を請求してくる業者がいるのです。

「本来、契約をしていただいていれば査定料は頂かないのですが、不成立の場合は手数料として○○円お支払いいただく事になっています」などと言ってくるのです。

顧客側からすれば気持ちのいいものでは決してありません。こういうケースも前もって確認しておけば防ぐことのできるケースです。

優良な買取業者の選ぶために

では、こういったトラブルに遭わないために私たちには何ができるのでしょうか?

まず、優良なトラックの買取業者を探すためには、買取金額だけでなく、どんなサービスがあるのかとその実績に定評があること、顧客満足度が高いこと、知名度がしっかりあること等が重要となります。

顧客目線での対応がしっかりと出来ているか、スピードをもって対応ができているか、など目に見えない部分でも、買取業者によってさまざまです。

特に申し込み時の電話対応はチェックしておいたほうがよいでしょう。

強引に査定の案内をしてくる、こちらの話を聞いてくれないなど、接客態度に疑問を持つようなことがあった場合、実際に査定に来てもらったとしても電話口と同じような対応をしてくる可能性があります。

このようなこともありますので、買取金額が一番高いというだけで決めるのではなく、プラスアルファでサービスにも目を向けながら買取業者を選んでいきましょう。

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ