即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

第一位

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

第二位

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

第三位

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめBEST5 » トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~ » トラックを買い替える時の重要なポイントとは

トラックを買い替える時の重要なポイントとは

今乗っているトラック、気づいたらもう結構な期間乗り続けているなぁ。

いつまで乗り続けるべきか、その判断に迷うことありませんか?

走行距離や経年劣化など、その判断基準は人それぞれですが、あらゆる視点からそれを考えていきます。

買い替えは下取りと売却どちらを選ぶべきか

中古トラック

新しいトラックを購入する際に、これまで使用していた古いトラックは不要になります。

トラックの購入先では古いトラックを下取りに出すように勧めてくるでしょう。

特に複雑な手続きが必要になることもなく、手間もかからないため、あまり深く考えずに下取りに出す人が多いです。

そして、多くの人は下取りと売却を同じようなことだと考えているでしょう。

しかし、下取りと売却は似ているようで違うものです。

損をしないためには、下取りと売却の違いを理解しておく必要があります。

下取りというのは、新しいトラックを購入することを前提にして行われます。

いらなくなった古いトラックを安く買い取って、新たに購入するトラックの代金に充当する仕組みです。

これに対して売却は単に売るだけのことを指します。新たなトラックを購入するとき以外でも、売却をすることは可能です。

買い換えをするときでも、売却先の業者以外から新しいトラックを購入する場合には下取りではなく売却になります。

売却をする際には、主にトラック買取の専門業者を利用します。

下取りと売却はそれぞれ一長一短ありますが、売却の方がお得であることが多いです。

買取価格が低いのは

下取りは主にディーラーが行っています。トラックの買い換えを検討している旨をディーラーの営業マンに伝えると、下取りをすることを前提に話を進められることもあるでしょう。

ディーラーに下取りをしてもらう際には、新たに購入するトラックを納車するタイミングで、古いトラックを引き取ってくれるのが一般的です。

そのため、代車を用意する必要がありません。駐車スペースに余裕がない場合でも大丈夫です。納車のタイミングで古いトラックを引き取るのが難しい場合には、無料で代車を貸してもらえます。

名義変更や登録などの手続きに関しても、ディーラーが代行してくれるのが一般的です。手間がかからないことと充実したサービスが下取りの大きなメリットと言えます。

しかし、下取りの場合には売却と比べて買取価格が低いのがデメリットです。ディーラーでは、下取りをしたトラックを売るための販路があまり豊富ではありません。

トラックの場合は一般の人からの需要があまりないため、安い金額でしか買い取ることができないケースが多いです。

このことから、下取りは高価買取を望んでいる人にはあまりおすすめできません。

しかし、手間がかからないことやサービスが充実していることなどから、あえて売却ではなく、下取りを選ぶ人もいます。

また、ディーラーとの付き合いの関係で下取りを選ぶ人も多いです。古いトラックを下取りに出すことで、新しいトラックの値引き交渉で有利になることもあります。

売却を選ぶ場合の注意点

現在使用している古いトラックを売却してもあまり高価買取が期待できないと思っている場合には、買い換えの際に手間がかからない下取りを選ぶかも知れません。

しかし、トラック買取の専門業者では、下取りと比べてかなり買取額が高めです。

専門業者の場合には販路が非常に豊富であるため、一般の人から見てほとんど価値がないと思われるようなトラックでも高く買い取ることができるのです。

トラックによっては、ディーラーの下取りと比べて数十万円も差が出ることもあります。概ね20~30万円くらいの差が出ることが多いです。

売却の場合に手間がかかるのは、古いトラックの売却先と新しいトラックの購入先が別々だということが挙げられるでしょう。

納車のタイミングと同時に古いトラックを手放すのが難しく、代車が必要になることも多いです。

ただ、それでも数十万円も買取額が違うことを考慮すれば、少しくらい面倒でも売却を選ぶことをおすすめします。

有料で代車を借りたとしても、トータルで見て損をすることはあまりないでしょう。

買い替えようかな?そのきっかけを考える

中古トラック

(1)走行距離

一般の乗用車であれば10万キロあたりを超えてくることが、買い替えを検討するひとつの基準となることがありますが、トラックはどうなのでしょうか?

トラックは貨物運搬など商業用として使用されていることが多く、連日のように長距離を走行し日本中を走り回っているトラックが沢山あります。

先ほど述べた、一般的な乗用車の「10万キロ」という距離は、トラックであればすぐに超えてしまう距離でしょう。

中には、100万キロを超えてもなお、走り続けるトラックもあるそうです。

それまでに何度も車検を通し、お金をかけてメンテナンスを重ねた結果、それほどまで長く乗り続けることが出来ているのでしょう。

何をもって寿命と判断するのかは個人差があるのかもしれません。

(2)車両維持費

人間と同じようにトラックも走れば走るだけ整備しなければならない箇所は当然のように増えていきます。

ただ、それは走行している以上仕方のないことです。こまめなメンテナンスをしっかりと行なっていれば、長く乗り続けられることが出来る乗り物です。

オイル交換・点検、タイヤなどの各パーツの摩耗や劣化をこまめにチェックしていく必要があります。

定期的に行わなければならないもの、不定期に発生してくるもの、様々あります。不具合にいち早く気づき、早めの対処をしていくことが大事なことです。

また、税金、自賠責保険料、任意保険料、車検代などトラックの所有するというだけで、掛ってくる費用もあります。

この費用は、依頼する会社と整備の内容によって差異は出てきますが、トラック1台につき約15万~30万程度かかるようになります。

(3)経年劣化

長く走れば走るほど整備箇所は増えていくと述べましたが、具体的にどの部分が該当するのでしょうか。メインの部分を挙げていきます。

・タイヤ

一般的にスリップサインが出ているものは交換をする必要があります。

トラックの場合、1台で6~12本のタイヤが使用されいるので、その分だけ交換する必要があります。

タイヤ1本が4万と想定すると、車輌すべてのタイヤを交換するとなると、タイヤだけで24万~48万円、そこに工賃がプラスされるので、タイヤ交換をするだけでも莫大な費用が掛かります。

・バッテリー

バッテリーはエンジン始動や車内機器の電源として重要な役割を果たすものです。バッテリーの寿命は長くても5年前後と言われています。

ヘッドライトが暗い、バッテリー液の減りが早い・液が漏れている、バッテリー自体が膨らんできているなど、こういった状況に出くわしたらバッテリーの寿命が近づいてきていると考えたほうが良いでしょう。

トラックに使われているバッテリーは2個連結しているものがメインで使用されており、普通乗用車に使われているものよりも高額になります。

その分、費用も掛かるということです。

・タイミングチェーン

タイミングチェーンはエンジン部分において重要な役割を担っている部品の一つです。

一般的には30万キロが交換時期の目安とされていますが、エンジンオイルのメンテナンスをしっかりしていないと、タイミングチェーンが伸びてしまうなど悪影響を及ぼす可能性があります。

また、チェーンが伸びることによって他のパーツにダメージを与えてしまうこともあるため、タイミングチェーンはこまめにチェックしておかなければならない部分となります。

ちなみに、タイミングチェーンの交換にかかる費用は10万以上とのことです。

メンテナンスが必要なパーツをいくつか挙げましたが、どうでしょうか?

一つの部分を直すだけで、高額な費用が掛ることが分かります。

また、修理箇所が複数ある際は、その分の費用がさらに掛るようになります。

古い車輌だから・・・と諦める前に

だいぶ古い車輌だから・・・、故障しているから高く売るのは無理に決まっているなどと決めつけてしまうのはとてももったいないことです。

業者の強みとして、過走行車でも年式が古くても不動車でも状態に関わらず車輌を見極めることが出来るという部分があります。

トラックは多くのパーツから出来ており、たとえ、事故車であっても中古部品などを再度生かしていくことで新たに利益を生み出すことが出来ます。

より専門的な知識を持ったスタッフと整備士を抱え、全国に整備工場がある業者も沢山あるので、お客様が想像していたよりもはるかに高い査定金額を見積もってもらうことが出来たケースもあります。

タイミングを見計らって、車輌状態が良いうちに下取りをし、新しい車輌に乗り換える・・・そうしていくことでユーザーにとっても利益を生み出し、そして得ることが出来るのではないでしょうか。

 

トラック買取サイトおすすめBEST5

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ