即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~ » 買取相場が安定しない理由

買取相場が安定しない理由

トラックの買取相場が安定しないその理由とはなんなのか?詳しく説明していきます。

なぜトラックの価格相場は安定しないのか?

トラック

トラックを何度か買取に出したことのある人は、そのときによって査定額に差があることに気が付くでしょう。

トラックの車種や状態はさほど差がなくても、高く売れるときと安くしか売れないときがあります。

一般の乗用車の場合には、車種や年式が同じで、状態にも差がなければ、ほとんど同じ査定額になるはずです。

なぜトラックは買取価格が安定していないのか疑問に思う人も少なくありません。

インターネットを使ってトラックの価格相場を検索してみても、なかなかこれといった相場は出てきません。

一方で、通常の乗用車なら車種や年式、走行距離などでおおよその買取相場を知ることができます。

具体的な価格相場が出てこないその理由としては以下の2つが挙げられます。

需要が多い時期、少ない時期によっての違い

トラックのほとんどは特定の業種において業務用として使用されます。例えば、運送業や引越業者などが挙げられるでしょう。

街中の道路を走っているトラックを見てみると、その大半が運送業者のものだということが分かります。

運送業界においても繁忙期は存在します。代表的な例としては年度の変わり目が挙げられます。

人事異動等により、新しい生活を始める人が増えることで、引越し業者の需要が増加します。

それに伴って、家具を運ぶためのトラックの需要の増加にも繋がってきます。

年末の決算時期においても大きく経済が動くため、運送業界が賑わってきます。

店舗などで仕入の量を増やせば、それだけ運送業者が運ぶ荷物の量も多くなるのです。トラックの台数も普段の時期より多く必要になります。

通販業者が安売りやキャンペーンなどを開催されれば、通販を利用する人も増えます。まとめ買いをする人も増えてくるでしょう。

そんなときも運送業者の仕事が増え、トラックの必要台数も多くなります。決算に向けて売上を伸ばそうとして、キャンペーンを開催する通販業者も少なくありません。

つまり12月頃、トラックの需要が高まるシーズンの初めになると買取相場も上昇し、逆にその時期を過ぎると相場は落ち着いてしまうということが推測できます。

時期によっての需要の違いがトラック買取の価格相場が安定しない理由の一つとなっているのです。

一般の乗用車であれば、取引数が多いことに加えて、1年を通じて一定の需要があるため、中古車の価格相場が確立しています。

形状や装備によっての違い

同じ車種であっても、買取価格が変わる要因としては走行距離やパーツの違い、オプションの有無や、修理歴の有無があります。

個体によって荷台の形状、材質等も異なってくるので、価格にも差が出てきます。

上物がついていないトラックの場合には、査定額が安くなることが多いです。逆に上物が付いているトラックであれば、高価買取も期待できます。冷凍車やタンクローリー・ミキサー車などは需要が多い時期なら、高く売れるでしょう。

ただ、トラック全体で見ても、乗用車と比べると取引量はかなり少ないです。上物の種類で分けてみれば、さらに取引量が少ないのが現状です。

冷凍車やタンクローリー・ミキサー車などの特殊な形状のトラックは、ごく限られた業種でしか使用しません。

多くの人が使っている通常の乗用車なら、取引量が多く買取相場も確立しやすいですが、取引量が少ないとどうしても価格相場は安定しないでしょう。

たまたま、特定の形状のトラックを中古で探している事業者がいるときに高く売れるといった具合です。

それでも、トラック買取を専門に行っている業者なら、販路が豊富で比較的安定した金額で買取を行っています。

価値のあるトラックなら、今すぐに需要が見込めなくても数ヵ月後には、高く売れる見込みがあるためです。

トラック専門の買取業者なら、トラックの需要が高まる12月前後の時期になると、どんなトラックが売れやすいか把握しています。

ただ、それまでの間に保管しておく必要があります。

保管するのにも費用がかかるため、需要が高まる時期と比べて、そうでない時期は査定額が多少低くなることは否めません。

今すぐ売らなければならない事情がなければ、12月前後の時期に買取に出すのが賢明でしょう。

いかがでしょうか。買取価格に関しては、それぞれの業者の査定項目についても異なるところがあるので、いくつかの業者に見積もりを出してみて、価格面、サービス面を比較した上で業者を選ぶことが大切です。

トラックの相場を左右するその他の要素

現金化

トラックの買取相場は乗用車に比べて流通量や売却実績も少なく、業務用・商業用として使用されているものが多いため明確な相場が存在していないというのが現状です。

また、トラックは同じ年式のものでも様々な仕様の車両が存在するため、買取相場を決めることが更に難しくなっています。

流通経路の違い


買取と下取りでも、流通経路が変わってくるため買取相場が異なってきます。

・下取り
下取りは、「下取りしたお店で新車を買う」という前提で、売却する車両に値段が付けられます。

また、基本的に、下取りした車両はその販売店で販売されることになります。買取に比べて流通範囲が限られているのです。

はっきりした相場価格が存在しない分、時にはディーラーの言い値で価格が決まってしまうこともあります。

また、下取り価格の場合だとオプションを付けるなどして、下取り価格の一部を相殺していたりするので、正確な相場価格であるとは言い切れません。

・買取り
買取は、業者オークションに出品されることが多いため、そのオークションでの取引されている相場価格を参考に買取価格を決めている業者が多いです。

さらに、買取業者に売却された車両の流通経路は、国内に留まらず、海外にまで広がっており、下取りに比べて圧倒的に幅広い売却ルートを持っています。

日本のトラックは国外でも多くの需要があり、日本ではなかなか値段がつかないような古い車輌でも、海外へ持っていくと高値で売れることがあります。

このように、買取業者では、様々な流通経路があるのでその分、希望の金額により近づく可能性もより高くなります。

また、買取業者によっても抱える売却ルートに幅がある場合があるので、買取実績なども併せて調べてみるのがいいでしょう。

このように売却先が違うだけでも価格が変わってくるため、適正な相場観を掴むことがより難しくなってきます。

時期的なもの

売却を検討する時期によっても価格が変わってくることがあります。

中古車の仕入れは春先に需要が増えていきます。需要が多くなると相場価格も高くなってきます。

ですので、売却するタイミングとしては春先の2~4か月前くらいがちょうどいい時期ではないでしょうか。

逆に、低い価格が付きやすい時期もあります。春過ぎから夏の時期がそうであると言えます。

これは、春先に売れなかったトラックが市場に多く残る状態となるためです。売れ残っている分、年式も古くなっていきさらに価値が落ちていくのです。

このように売却する時期というのも考慮に入れて考えていくことが大切です。

それでもトラックの相場が知りたいその方法

オークションのサイトで自分の車両を探してみる

ヤフオクなどのネットオークションでも中古トラックが出品されています。

様々な年式、車輌状態のものが出品されているのでとても参考になります。

気軽に閲覧できるので、時間がある時に見てみるといいかもしれません。

中古トラックが売られている場所に行ってみる

ネットと違って、実際に車両の状態を確認しながら価格と照らし合わせて見ていくことが出来るので、「このくらいの状態でいくらくらいなのか?」ということが把握しやすくなります。

ネットでは分からない部分もしっかりと確認していけるので、きちんと下調べをしてから行動したいという人にはお勧めの方法ではないでしょうか。

トラックの買取サイトを見てみる

トラックの買取サイトでは買取業者がサイトに買取実績を公開していることがあります。

その買取サイトに公開されている買取実績の中から、自分が所有するトラックの年式や仕様に近い車輌を探すことが出来れば、その時の相場の目安として参考にすることが可能となります。

ただ、あくまで、調べた時の「その時点での」価格であるということを頭に入れておかなくてはなりません。

参考にする程度に留めておいたほうが賢明です。さらに、自分のトラックの仕様に近いトラックが常時、買取実績に挙がっているわけではなく、そもそも参考に出来ないという場合もありますので、そのことを念頭に置いておきましょう。

トラックの買取の相場を知りたいのであれば、買取実績が豊富な買取業者て査定してもらうことが一番確実で賢明な方法であると考えられます。

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ