即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » 知っておきたい!トラック買取基礎知識 » 手続きの流れ

手続きの流れ

多くの業者が行っている、トラック買取の全体的な流れを順番に解説していきます。

トラック買取の流れ

中古トラック

「トラックを買い取ってもらいたいけれど、どうすればいいかわからない」といった人も多いのではないでしょうか。

そういった方に向けて、まず全体の大まかな流れを説明します。

トラックでも通常の乗用車を買取に出す場合とそう大きく変わりません。

問い合わせ(査定申込み)業者によって申込み方法は異なりますが、ほとんどのところは無料で査定の申込みを受け付けています。

その際にメーカー名や車種、走行距離等の情報を業者に伝えます。

一般的な申込み方法としては、インターネットや、電話、FAX等があります。

ホームページ上に簡易査定のフォームを設けている買取業者が多いです。

車種や年式、走行距離などを入力すると、おおよその買取額が表示されて、その金額を見てから現地査定をやってもらうかどうか決めます。

簡易査定は数分もかからず行えるところがほとんどであるため、トラックの買取を検討しているのであれば、積極的に利用しましょう。

この際に一社だけでなく必ず複数の買取業者に簡易査定をしてもらうことが大切です。

一括査定サイトを利用すれば、複数の買取業者の簡易査定を一度に申し込むことができます。

査定

簡易査定では数字などで客観的に判断できるデータのみを参考にして査定額を算出しています。

しかし、実物のトラックには細かな傷や車内の汚れ等、データだけではわからない事もあるでしょう。

そのため、実際に車の状態を確認するために、査定員に細かく見てもらいます。これが現地査定です。

現地査定で正式な買取額が決定されます。

特に傷や不具合箇所などがない場合には、簡易査定の金額とそう大きく変わりません。

修理が必要な箇所や大きな傷などがあると、相応に減額されてしまいます。

契約

査定員が提示した買取金額に納得できれば、契約手続きに入ります。

代金の支払い方法は業者によって、振り込みや現金払い等異なりますが、早ければ即日で支払ってくれるところもあります。

この際に名義変更の手続きも必要です。手続きを済ませることで自賠責保険料や税金なども還付される仕組みになっています。

名義変更等の各種手続きは、自ら手続きを行うと、手間がかかりますが、買取業者が代行してくれる場合が多いようです。この際、譲渡証明書や委任状等の書類が必要になります。

基本的には上記のような流れになります。

各行程の細かいところは業者によって異なるので、契約した後になって後悔しないためにも、事前のリサーチは欠かさないようにするのがポイントです。

業者ごとのホームページをしっかりと見比べるようにしましょう。

買取に必要な書類について

次は必要書類について解説していきます。

譲渡証明書

譲渡証明書は運輸支局で用紙をもらうことができます。ダウンロードすることも可能です。

買取業者の方で用紙を用意してくれることが多く、買取を利用する人は必要事項を記載して判子を押します。

この譲渡証明書が、利用者から買取業者へトラックが譲渡されたという証明になります。

委任状も買取業者の方で用紙を用意してくれることがほとんどで、利用者は必要事項を記載して押印するだけです。

委任状があることで、利用者が買取業者に名義変更や登録抹消の手続きを依頼したという証明になります。

印鑑証明書

印鑑証明書と実印も必要です。印鑑登録をしていない人は市役所で済ませておきましょう。

印鑑登録をすると、印鑑証明書を発行してもらえます。

以前に印鑑証明書を発行してもらって手元にあるという人もいるかも知れません。

しかし、印鑑証明書は発行日から2ヶ月以内のものしか使えません。

古い印鑑証明書が手元にあっても、新しい印鑑証明書を発行してもらいましょう。

その他の書類

他に車検証と自賠責保険証明書、自動車納税証明書も用意しておく必要があります。

車検証は、車内に保管している人が多いでしょう。

ダッシュボードの中などにしまっていると、普段あまり目にしませんが、念のためあるかどうか確認しておくと安心です。

もし、紛失してしまった場合には、運輸支局で再発行してもらうことできます。

自賠責保険証明書は、車検証と一緒に保管している人が多いかと思います。見つからない場合には、車検証のケースの中に入っている書類を一度すべてケースから出してみましょう。

そうすると見つかることが多いです。

車検証と同様に紛失してしまった場合には再発行してもらえますので、その際には保険会社に連絡しましょう。

自動車納税証明書というのは、自動車税を支払ったときにもらえる領収書のことです。

金融機関やコンビニなどで自動車税を支払う際に、日付の入った判子を押されて渡されます。

紛失しないように車検証や自賠責保険証明書と一緒に保管しておくのが望ましいでしょう。

もし、紛失してしまった場合には、都道府県税事務所か自動車税管理事務所に行くと再発行が可能です。

所有権について

ディーラーや信販会社などがトラックの所有者になっている場合には、所有権の解除をしなければなりません。

この場合には所有権解除依頼書が必要になります。

とはいえ、買取業者の方で用紙を用意してくれるため、その用紙に記載と押印をするだけで済みます。

トラックの所有者が既に他界しているというケースもあるかも知れません。

相続の手続きが行われていない場合には、故人が所有者のままになっています。

その状態では売却することができないため、相続人への名義変更が必要です。

名義変更することで、トラックの所有権がいったん自分に移り、それから買取業者へ移ることになります。

一時的にとは言え、自分が所有者になるため、車庫証明も必要です。

相続人が複数いる場合には、そのうちの1人が勝手に自分名義に変更することはできません。

相続人全員でトラックを相続する人を決めて、それが記載された遺産分割協議書が必要です。

さらに、相続人全員の委任状と実印、印鑑証明書も用意しなければなりません。

そのため、かなり面倒な手続きになります。

買取業者の方では、売却に伴う手続きは代行してくれますが、相続の手続きまでは代行してくれません。

手続きをするのに時間がかかってしまい、その間にトラックの価値が下がってしまうこともあります。

相続人の人数が多い場合や遠方に住んでいる相続人がいるとかなり日数がかかってしまうでしょう。

トラックの所有者が亡くなった場合には、相続の手続きを後回しにせず、早めに済ませておくのが望ましいです。

そして、運輸支局で無事に所有権移転の手続きを済ませてから、通常の売却手続きに移ります。

トラック買取は電話で依頼して何日かかる?

中古トラック

「トラックを売りたい・・・」。そう思っていても。まず何からを付けたらいいのか分からずに先延ばしになってしまっている、なんてことありませんか?

お店選び、査定方法、準備しておかなければならないもの・・・このようにやらなければならないことが山ほどあるため、億劫になってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、前もってしっかり準備していればスムーズに手続きを進めていくことが出来ます。

特に、出来るだけ早く車輌を査定してもらいたい、査定金額は銀行振り込みではなく現金で受け取りたいという方は事前準備をしっかりとすることで、納得のいくトラック売却をすることが可能となります。

では、何をどのように準備していけばよいのかを説明していきます。

1.トラックを買い取ったら現金で受け取りたい!

トラックの買取をした場合、普通乗用車と異なり、トラックの買取金額は高額なことが多いため銀行振り込みとなることがほとんどです。

それに加えて、書類手続きやトラック引き渡しにも時間を要するため、トラック売却を決めてから、実際に手元に代金が渡るまで1週間前後かかることもあります。

「資金繰りに非常に困っている。」「今すぐ現金がないと支払いが間に合わない。」など、トラック売却への重要度・緊急度が高い人はこちらの「即!現金化したい人のトラック買取比較サイト」をおすすめします。

事前の準備をしっかりとしていれば、査定金額を即日受け取ることが可能となります。

では、売却する側は事前に何をしておくべきなのでしょうか?

2.即日現金で受け取るためにやるべきこと

売却したい車輌の必要書類・印鑑を準備しましょう。

譲渡証明書・印鑑証明書・車検証・自賠責保険症・自動車納税証車検証、これらの書類をしっかりと用意しておきましょう。過去に紛失してしまったという人は事前に再発行して揃えておく必要があります。

車輌を登録した時の印鑑も忘れないようにしましょう。

トラック購入時にローンを組んで購入した場合、トラックに信販会社やディーラーの「所有権」がついている場合があります。

その場合は、その所有権を解除しないとトラックを売却することは出来ません。

とはいっても、そんなに難しいことではなく、所定の書類に必要事項の記入と印鑑をもらえれば所有権の解除は可能となります。

3.今すぐ査定してほしい…!それは可能なの?

今すぐ査定したい!こんな時、買取業者でも営業所を構えていて、かつ、その店舗がご自宅の近くにある場合はそこへ車輌を持ち込むのが最短ルートとなるでしょう。

ただ、車輌が動かない・不動車である場合、近くに店舗・営業所がないという場合は電話にて出張査定を依頼し自宅へ来てもらうことになります。

買取業者によっては24時間電話受付をしているところもあり、自分の時間に合わせて好きな時に問い合わせしてみてください。

問い合わせてから実際にご自宅へ査定にお伺いするまでもスピーディーに動いてくれる買取業者も多く、即日お伺いします!

ということも多くあるようです。このように、素早く動いてくれる買取業者がいてくれることはとても心強いですよね。

なかなか時間が取れないという方も、インターネットで申し込むことが可能です。トラック買取業者を検索し、査定の申込みをすることが出来ます。

査定は、基本的に無料で行なってもらえるので気軽に呼べるのも魅力のひとつです。

4.査定ってどのくらい時間がかかるの?

車輌の規模にもよりますが30分~60分前後で車輌チェックをし、査定額が算出されます。買取業者毎にその金額に納得することが出来れば、その場で契約を結ぶことが出来ます。

必要書類に不備がなくしっかりと用意することができれば、査定額をその場で現金にて受け取ることも可能となります。

もちろん、査定金額に納得がいかない場合は検討し直すことも可能です。ただ、その時に注意していただきたいことがあります。

仮に同じ買取業者で2回目の査定を受けた場合、最初に出た査定金額より低く見積もられることが状況によってはあるということです。

その部分を受ける業者に事前に確認しておくべき事項かと思います。

まとめ

トラックを売却する際にいち早く現金で受け取るための流れを述べさせていただきました。

車輌を売却するにあたりどうしても切り離せないのが、お店選びや車輌書類の手続き。

この手続きをいかにスムーズに行なっていくかがカギとなります。

一見、難しそうに見え、面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、前もってしっかりと準備していくことで、ご自身でもしっかりと納得のいく売却が可能となります。

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ