即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » 知っておきたい!トラック買取基礎知識 » 必要な書類

必要な書類

トラック買取の際、必要な書類についてまとめています。

トラックの売却に必要なものとは?

古いトラックを売却すると、所有権が自分から買取業者の方に移ります。

トラックを含め自動車の場合、法律上、所有権移転の際には一定の手続きを経なければなりません。その手続きを行う際には、揃えなければならない書類もたくさんあります。

また、トラックの状態によっては、中古トラックとして販売されるのではなく、解体してパーツを再利用することもあるかも知れません。
その場合においても、登録抹消などの手続きを行う必要があり、いずれの手続きも買取業者の方で代行してくれるのが一般的です。

面倒な手続きは買取業者が代行してくれる場合が多いものの、必要書類等はこちら側が用意しなくてはなりません。
買取手続きを円滑に行う為にも、きちんと準備しておきましょう。

身分証明書

運転免許証や健康保険証等の身分を証明できるものが必要です。

トラックや自動車などの車両に限らず、古物を業者に買い取ってもらう際に必要になります。
健康保険証などを用いても問題ありませんが、売却の対象物がトラックであるため、運転免許証を用いるのが一般的です。

車検証

車検証は普段はあまり目にする機会がないですが、ダッシュボードなどに入れて保管している人が多いです。
見つからない場合には、ダッシュボードを探してみましょう。ダッシュボードにない場合でも、車内のどこかで見つかることが多いです。

自動車登録番号標(ナンバープレート)がついていない場合や、
乗ることがなくなって一時抹消登録されている場合は、車検証の替わりとして「登録識別情報等通知書」が必要になります。

自賠責保険証明書

法律によって加入義務がある、保険の証明書が必要になります。
一般的には車のダッシュボードに入れられている方が多いと思われます。

自賠責保険は車検のときに支払う仕組みになっています。車検費用と一緒に車検の業者に支払うため、あまりピンと来ない人もいるかも知れません。

車検証と一緒に保管していることが多いです。車検証がソフトケースなどに入っている場合には、自賠責保険証明書も一緒に入っていないかどうか見てるといいでしょう。

自動車納税証明書

税金がきちんと納税されているかを確認する証明書です。
毎年5月に総合事務センターや、自動車税事務所から納税通知書と共に送られてくるものです。

軽トラックの場合には、市町村から納税通知書が送られてきます。金融機関の窓口やコンビニなどで自動車税を支払うと、判子を押して領収書を切り離して手渡されます。その領収書のことです。

人によっては財布などにしまったままになっていたり、他のレシートなどと一緒に捨ててしまうこともあるかも知れません。
公共料金などの領収書と一緒に保管している人もいるでしょう。紛失してしまった場合には、再発行が可能です。
再発行してもらってから、買取の手続きを進めることになります。なるべく車検証や自賠責保険証と一緒に保管しておくのが望ましいです。

印鑑登録証明書・印鑑(実印)

それぞれの市区町村の役場か、出張所に申請することで発行してもらえます。
注意すべき点として、必ず発行から一か月以内のものを用意する必要があります。
他の用事で印鑑登録証明書を取り寄せたことのある人は、それを使いたくなるかも知れませんが、発行日から一ヶ月以上経過していると使用できません。改めて取り直す必要があります。
また、登録されている印鑑そのものも必要です。

もし、印鑑登録をしていない場合には、事前に済ませておきましょう。

委任状

車両の名義変更等といった手続きを、買取業者に委任することを証明するためのものです。こちらには実印による押印が必須となります。

このときに印鑑を使うというわけです。委任状の用紙自体は、買取業者の方で用意してくれるのが一般的です。形式なども特に統一されて決まっている様式があるわけではありません。

譲渡証明書

手続きを行う上で必要になる書類です。車両の名義が売却者から買取業者へ譲渡されたことを証明します。

国土交通省で様式が決められており、国土交通省のホームページからダウンロードすることができます。
買取業者の方で用意してくれることも多いです。かなりシンプルな様式の書類ですが、実印を押す欄が設けられています。

状況によっては必要なもの

住民票

車検証に記載されている住所から一度変更した場合に必要です。

住民票の除票、もしくは戸籍の附表

車検証に記載されているものから、二度住所変更した場合に必要です。

戸籍謄本

車検証に記載されている氏名と、現在の氏名が異なる場合に必要です。

リサイクル券

廃車にするときにかかる費用をあらかじめ支払っている場合には、リサイクル券が発行されています。
トラックを買取に出す際には、このリサイクル券も一緒に引き渡します。査定に関しても、リサイクル券の有無を考慮した上で行っています。

この他にも、車両の種類であったり名義が異なる場合によって、必要な書類が変わってきます。
事前に買取業者に問い合わせて確認しておくのがベターです。

必要な書類が全部揃っていないと、売却手続きを進めることができません。そのため、手続きが遅れることになります。
いったん手続きをしようとして、書類が足りないことに気付くと、また後日改めて手続きを行わなければならないため面倒です。
売却手続きをする際には、業者のところへ向かう前に、必要な書類がきちんと全部揃っているかどうか確認しておきましょう。

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ