即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » 知っておきたい!トラック買取基礎知識 » どんな中古トラックでも買い取ってもらえるのか?

どんな中古トラックでも買い取ってもらえるのか?

しばらく乗っていない、バッテリーが上がってしまい放置している、必要がなくなったから手放したい、車検が切れてそのまま…なんてトラックありませんか?

そのままにしておくとどうなるか?

年式はどんどん落ちていき市場価値もどんどん下がっていく。車体の劣化が進み、車体状態が悪くなっていく。保険料や税金だけ払っている状態で出費がかさむ。

どうでしょうか?

そのままにしているという状態はあまりメリットがないように感じませんか?

トラックを買い取ってもらうことのメリット

中古トラック

(1)プロの手に渡ることで安心して任せられる。

トラック業界やトラックの車両に精通しているプロの手に渡ることで、市場価値をしっかりと把握した上で買取をしてくれるので、しっかりと信用して任せることが出来るのではないでしょうか?

また、再利用できる部分をしっかりと見極めてくれるので、その分、少しでも多くの価値を生み出してくれます。

(2)時間手間が省ける!

トラックを手放すとなると必ずついてくるのが書類手続き。車検証、自動車税納税証明書、印鑑証明書、自賠責保険証、委任状、譲渡証明書、住民票、リサイクル券(預託証明書)…これだけ必要な書類があって、段階を踏んで様々な手続きが発生します。

買取業者に売却すると名義変更などの書類手続きも無料で代行してくれるところがほとんどです。

複数台のトラックを手放す場合も、台数が多くなればなるほど時間も手間も取られてしまうところですが、それも買取業者が一括して行なってくれるので安心して任せることが出来ます。

(3)余計は費用が掛からない

トラックを買い取ってもらうことで、車体に値段を付けられます。それ以外に、書類手続きも代行してくれるところがほとんどと述べましたが、そういった代行サービスは追加で料金がかかるわけではなく無料で行なってくれます。

また、解体費用などが追加で発生することもありません。

こんな状態のトラックでも需要はある?

キッチントラック

(1)長期不動車

「いつか乗るだろうと思いながら長期間にわたり放置してしまった。」「トラックの調子が悪くて修理に出そうと思っていたがそのままにして動かなくなった。」など、メンテナンス不足など何らかの理由で放置してしまうことで動かなくなった車両のことを指します。

こういった車両は、バッテリーを修理するなど、少し手を加えることで元の姿に修復ができることも多いので買取業者にとっては需要のある状態の車両です。

(2)事故車

事故車は廃車する、というように考える方も多いのではないでしょうか?

事故車の定義として中古自動車査定基準では「交通事故やその他の災害により自動車の骨格等に欠陥を生じたもの、またはその修復歴のあるもの」と規定されています。

車体の骨格部分を交換したり修復しているものがそのように呼ばれています。

事故車=修復歴のある車とも言い換えることが出来ます。

事故車とそうでない車両を比べてしまうと、もちろん事故にあっていない車両のほうが価値が上ということはまぎれもない事実です。

しかし、外見は凹んでしまっている車両でも、中身を見てみると使える部分も多く残っていたりします。

生かせるパーツはきちんと生かしてもらえることは、廃車にしてしまうよりも価値生まれますし、持ち主としても嬉しいことではないでしょうか?

(3)車検切れ車

車検は車種によって差異はありますが1~3年で一区切りとなります。

そのため、その区切りを迎えるたびに車検に出さなければなりません。車検でかかる費用としては、検査料だけではなく自賠責保険料、重量税・点検料があります。

また、検査基準に満たない箇所や劣化しているパーツなどが見つかれば、追加でお金が掛かってきます。

あまり乗っていない状態で、そのまま車検が切れてそのまま放置…なんて勿体ない話です。

修復歴、事故歴とは?

修復歴と事故歴、同じような言葉ですが、意味合いは異なります。また、買取の際に、それぞれを修復歴というか事故歴というかによって、査定額にも影響します。それぞれの言葉の定義と内容を理解することで、査定額が増える可能性も大いにあります。ここでは、それぞれの言葉の定義と違い、また買取査定へどのように影響するのかについて説明していきます。

修復歴の定義

修復歴という言葉は、一般財団法人日本自動車査定協会 、一般社団法人自動車公正取引協議会、 一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会により定められています。これらの協会での統一基準は、「車体のフレームの交換、ないし、修正や補修を行ったもの」と定義付けされており、一般的にも同様の意味で使用されています。

対象箇所は、フレーム、フロントインサイドパネル、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、ラジエータコアサポート、フロントクロスメンバー、ピラー、トランクフロアパネルです。これらの一つでも交換や補修を行った場合には、修復歴のある車、とされます。これらの箇所は、車両の性能や安全性に関わる部分のため、事故歴車、修理歴車などと区別され、また修復歴があるかないかで査定にも影響します。

事故歴の定義

一般的に使用される事故歴のある車の定義は、災害や事故などに合った車のことです、しかし、買取や車の販売においては、事故歴、事故車という言葉の定義は厳密にはありません。また、買取や販売環境においては事故歴、事故車という言葉は使用されません。

車を走らせている時に、不注意でバンパーが壊れてしまったという場合、買取や販売時には先に挙げた修復歴の対象箇所以外となりますので、修復歴車にはならず、一般的には事故歴車または修理歴車となります。また、買取や販売時には修復歴は事前情報として、伝える必要がありますが、事故歴に関しては特には事前開示は義務付けされていません。

修理歴、修復歴の違いとは?

一般的には、修理歴車と修復歴車の意味は同じと考えますが、買取や販売などの査定においてはかなり異なります。言葉の違いは、前述した修復歴の対象となる、車の性能に影響を大きく与える箇所以外を修理した場合は修理歴車となります。例えば、ドアの凹凸を修復する場合や、窓を交換している場合などは修理歴となります。

買取査定への影響とは?

買取査定への影響は、修復歴があるかないかで異なります。修復歴のある自動車の買取を依頼すると、通常よりも査定額が減額される可能性が高いです。どれだけの損傷レベルかにもよりますが、一般的な買取価格の7,8割程度の価格になります。逆に、修復歴の対象となる箇所以外のところを修理した履歴があった場合は、査定に大きく影響することはありません。

事故を起こし、修復歴の対象となる箇所を損傷したまま、修復をせずに買取依頼をした場合はさらに査定額が下がります。こちらも、どれだけの損傷レベルかにもよりますが、一般的な買取価格の5割程度の価格になることもあります。

修復歴のある車を高音で売るには?

修復歴がある車を高額に売ることができないのか、というと一概にそうとは言えません。国内で買取を依頼する場合は、厳しい査定基準が設けられており、査定額が下がることが多いですが、海外に依頼する場合は高値で引き取ってくれる可能性も大いにあります。

また、修復歴がある上に、故障して動かなくなった事故車などは日本国内では、通常は廃車となりますが、海外では比較的高額となる場合もあります。事故車は動かすことが危険なので、訪問査定などを選ぶことをおすすめします。

トラック買取の依頼方法

修復歴があってもなくても、トラックを査定に出す場合はトラック専門の買取業者に依頼するようにしましょう。一般的な乗用車とは異なり、トラック専門の査定基準があるため、減額レベルもトラック専門業者の方が良い価格結果となる場合もあります。

修復歴がある場合は正直に、細かな情報を業者に開示しましょう。各業者により査定額が異なるため、複数のトラック専門買取業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

NOx・PM規制法対象トラックの買取は難しい?

高く買い取ってもらうことが難しいトラック、買取自体が難しいトラックの種類として、「NOx・PM規制法対象トラック」が挙げられます。

買い取ってもらうのが難しい理由は、NOx・PM規制法対象トラックは国内での需要が低いため。対象となるトラック買取を行っている業者自体が限られており、高額でトラック買取を行っている業者を選べないというハンデを抱えているからです。

「NOx・PM規制法」とは?

「NOx・PM規制法」とは、環境省と国土交通省によって、平成13年6月から開始されたもの。人間の健康を損ねて、環境を汚染する可能性があるとされる物質を、多く排出する自動車を規制した法律です[1]。

この法律によって規制されている2つの物質は、次の通りとなります。

二酸化窒素(NO2)

呼吸器に対して悪影響を与える。酸性雨、光化学オキシダントの原因物質と考えられる。

浮遊粒子状物質(SPM)

肺、気管に付着することで呼吸器に悪影響を与え、発がん性のリスクがあると指摘されている。大気中に長時間留まるという特徴がある。

つまり、排気ガスによってこれらの物質を排出していて、クリーンではないという判定を受けたトラックが「NOx・PM規制法対象トラック」となります。

NOx・PM規制法は、対象となる地域や車のナンバーなどによって、適用されるかどうかが決まりますが、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県などが対象となっています。

対象トラックの需要が低い理由とは?

NOx・PM規制法対象トラックは、上記のように法律によって規制を受けているため、現在では需要が低くなっています。それでは、規制の対象になると、そのトラックはもう利用できなくなるのでしょうか?

NOx・PM規制法対象トラックは、規制に適合させるためのマフラーを装着すれば、利用することは可能です。ですが、このマフラーがかなり高額になるため、進んで利用したいと考える方は少ないでしょう。

さらに、この適合用のマフラーを装着していたとしても、次回の車検は通りません。

つまり、平成13年から施工された法律である以上、現在では車検に合格できないNOx・PM規制法対象トラックだけが残っている状態なので、対象地域では実質的に利用できないことになります。

NOx・PM規制法対象トラックを高く売るためのコツ

需要の低いNOx・PM規制法対象トラックですが、実は積極的に買取を行っている業者も存在しています。そのような業者にトラック買取を依頼すれば、意外なほど高額で買い取ってもらえる可能性もあるでしょう。

NOx・PM規制法対象トラックを高額で売却する方法とは、海外に販売ルートを持っているトラック買取業者に依頼することです。

海外ではNOx・PM規制法対象トラックも人気!

NOx・PM規制法は、当然日本国内でしか適用されません。海外ではNOx・PM規制法対象トラックも通常通り使用することができるので、規制の対象になっていないトラックと変わらない扱いを受けます。

さらに、海外での日本車の人気の高さはご存知の通りです。日本では廃車処理されるような自動車やトラックでも、海外では高値で取引されることは珍しくありません。

海外に幅広い販売ルートを持っている業者を探そう

そのため、国外への販売ルートを確立させているトラック買取業者なら、NOx・PM規制法対象トラックでも高額買取してもらうことが可能。

国内市場でしか販売していない業者に安く買い取ってもらうよりも、海外で幅広い販売ルートを持っているトラック買取業者を探すことがコツです。

[1]

参考:環境省『(PDF)自動車NOx・PM法の車種規制について』
https://www.env.go.jp/air/car/pamph/all.pdf

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ