即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

第一位

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

第二位

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

第三位

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめBEST5 » 知っておきたい!トラック買取基礎知識 » トラック買取業者とディーラーの違い

トラック買取業者とディーラーの違い

ここでは、トラックを処分したいという方に向けて、ディーラーに売る場合と、トラック買取業者に売る場合との違いについて解説しています。

トラック買取業者vsディーラー

トラックを売りたい場合、トラック買取業者に依頼した方が良いのか、それともディーラーへ下取りに出す方が良いのか、お悩みのオーナーさんも多いでしょう。
トラックの調子が悪くなったときの修理などをディーラーに頼んでいる人は、何となくディーラーの方が安心と考える傾向にあります。

しかし、結論から言ってしまうと、トラック買取業者に売った方が賢明です。ディーラーに売った場合よりも、あなたの手取り金額が高くなる可能性が高いのです。
理由としては、買い取り相場が確立していないことと、上物の形状により査定が難しいこと、この2つが挙げられます。

◆買取相場が確立していない

一般的な乗用車を買い取ってもらうという場合、車種や年式、走行距離などによって、ある程度の相場金額が決まっています。どの業者も、査定においてはほとんど差が生じません。
これは、乗用車の取引台数が非常に多いためです。道路を走っている車を見てみると、トラックよりも圧倒的に乗用車の方が多いのが分かるでしょう。駐車場などに駐められている車を見てみても、大半が乗用車です。
ディーラーが取り扱っている車もほとんどが乗用車であるため、ディーラーは乗用車の買取金額の相場に熟知しています。
そのため、乗用車に関しては適正な査定額を提示できるのです。価値のある乗用車なら、相応に高い金額で買い取ってもらえます。

しかしトラックの場合、そうはいかなくなります。乗用車と比べて取引台数が圧倒的に少ないため、買取相場が確立していないというのが現状なのです。

ディーラーは乗用車の価値に関しては非常に詳しいですが、トラックの価値に関しては、それほど詳しくありません。価値のあるトラックでも、ディーラーでは正しい査定ができないことが多いです。

◆上物の形状により、査定が難しい

トラックはそれぞれ、平ボディであったり、ユニックやパネル、ダンプなどがついていたりと、上物の形状は様々です。
たとえ同じ車種・年式・走行距離のトラックであったとしても、何も載っていないものと、ユニックが付いたものとでは、価値はまったく違ってきます。
こうした上物を正確に査定するには、専門的な知識が必要になります。

普段は乗用車をメインで取り扱っているディーラーは、トラックの上物に関して、あまり深い専門知識を備えていません。

一般の人よりは少し詳しいくらいの程度でしょう。ユニックが付いているトラックでも、同じ車種の何も載っていないトラックと同じ査定額を付けてしまう場合があります。
ユニックが付いているトラックなら、何も載っていないトラックよりは、中古トラックとしての価値が高そうだということは、ディーラーの側でも認識しています。

しかし、具体例にどのくらいの差があるのかまでは把握していないことが多いです。
そのため、ユニックが付いている分の価値を見積もることができず、何も載っていないトラックと同じ査定額にせざるを得ません。
特に冷凍車やタンクローリー・ミキサー車など、特殊な形状の上物が付いているトラックは、一般のディーラーにとっては扱いづらい車両と言えます。

◆販売ルートが少ない

ディーラーは中古車の買取も行っていますが、それがメインの業務ではありません。ディーラーは新車の販売をメインの業務として行っています。

そのため、買い取った車両を売りさばくルートはあまり多くないのです。

トラックに関しては、一般の乗用車と比べてさらにその傾向が強いでしょう。一般のディーラーがトラックを下取りしても、中古車として売りさばくのが難しいこともあります。

 

以上の理由から、新車販売をメインとしているディーラーではトラックの正しい査定を行うことは難しく、赤字リスク回避の面からも、提示金額が比較的少額になる傾向があります。
販売ルートも少ないため、高価買取をすれば、赤字になってしまう可能性が高いです。
一方で、トラック買取業者は普段からトラックを専門に扱っており、買い取ったトラックによって収益を出すビジネスモデルを確立しているため、上物を含めて適切な価値判断を行うことが可能なのです。

ダンプや冷凍車、タンクローリー・ミキサー車などでも正しく査定を行ってもらえます。

ディーラーに査定をしてもらい、査定額に納得がいかずトラック買取の専門業者に査定をしてもらうと、その差に驚く人も少なくありません。

同じ料理人でも、フランス料理と日本料理では求められる知識が違います。フランス料理のシェフが和食を正しく評価することは難しいでしょう。もちろん、その逆も同じです。トラックをディーラーに売るというのは、フランス人に和食の値段を決めてもらうようなものなのです。

知識の豊富さに加えて販売ルートが広いことも、トラック買取業者の強みです。販売ルートが多いということは、買い取ったトラックがすぐに売れることを意味しています。

業者が損をしてしまうリスクは小さいです。一般のディーラーのように、損をしてしまうリスクを過剰に気にすることはありません。
そのため価値のあるトラックは、相応に高い金額で買い取ってもらえます。

トラックを専門的に扱っている買取業者に相談することをおすすめします。

 

トラック買取サイトおすすめBEST5

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ