即!現金化したい人のためのトラック買取サイト比較

納得の早さと査定額!良質のトラック買取サイトを厳選しました。

トラック買取安心センター

トラック買取センター

トラック買取が確定した時点から最短で即日と、支払いの迅速さが評判。相談や手続きの丁寧な対応にも定評がある。

トラック買取を相談する

トラックファイブ

トラック買取サイト・トラックファイブ

トラック買取の書類が揃ったら代金を支払い。全国どこでも対応可能で、出張費用や査定料はかからない。

トラック買取を相談する

ラビット

トラック買取サイト・ラビット

トラック買取の手続きが終わり次第、車両と引き換えに代金を支払い。全国の最新相場をもとに査定額を出してくれる。

トラック買取を相談する

トラック買取サイトおすすめ5選 » 知っておきたい!トラック買取基礎知識 » トラック買取に影響するキャブについて解説

トラック買取に影響するキャブについて解説

ダブルキャブ、ショートキャブとは?トラック買取で影響するキャブタイプについて解説します。

トラックのキャブとは何か?

トラックにおけるキャブとは、キャビンなどとも呼ばれる、人が乗る部分である運転席や助手席のことを指します。トラック買取査定の際に影響してくるので、売りたいトラックのキャブタイプを確認しておきましょう。キャブ部分は、ドライバーがもっとも長く過ごす場所になるため、ドライバーにとって重要な部分です。キャブには様々な種類が存在します。この項ではキャブの種類について、メリットデメリットを踏まえたうえで解説します。

主なキャブの種類については以下の通りとなります。

  • ショートキャブ
  • ダブルキャブ
  • フルキャブ
  • ワイドキャブ
  • ハイルーフキャブ(ハイキャブ)

次項より、上から順を追って解説していきます。

ショートキャブについて

特別な特徴はない、一般的なトラックにおける座席の種類がショートキャブです。座席スペースを最小限にとどめているため、荷物を多く積めるのがメリットです。キャブ部分のスペースが限られており、リクライニング機能なども削られている場合があるため、身体を休めることに関しては不向きです。長距離には適さないタイプといえます。

ダブルキャブについて

座席シートが2列、または3列になっているタイプをダブルキャブと呼びます。通常のキャブよりも多く乗車することができるのがメリットですが、座席を広く取っている分、運べる荷物の量が少なくなってしまうのがデメリットです。

フルキャブについて

キャブの後方に簡易ベッドが設置されている種類のキャブを、フルキャブと呼びます。仮眠が取れるので、身体を休めることが必要な長距離トラックなどはこのタイプを採用しています。フルキャブのデメリットは、ダブルキャブと同様キャブ部分のスペースを多く取っているため、その分積載量が落ちることです。

ワイドキャブについて

キャブ部分の幅が通常よりも広くなっている種類を、ワイドキャブと呼びます。キャブ同様、積載部分も広くなっているため、積載量に余裕があるのが特徴です。キャブが広いことで、ドライバーの負担が減り、くつろぎやすいのが大きなメリットです。フルキャブであり、かつワイドキャブである種類もあります。この種類は仮眠スペースが広く、快適に仮眠をとることができます。ワイドキャブのデメリットとしては、車幅が広くなるので小回りが利かなくなることでしょう。また、コスト面でもサイズに影響するため、他のキャブよりも高くなります。トラック買取査定の際には有利に働くでしょう。

ハイルーフキャブ(ハイキャブ)について

ハイルーフキャブは、ワイドキャブと同じく通常のキャブより高さがあるキャブを指します。通常のキャブよりも高い天井スペースに、仮眠スペースが設置されているトラックも存在します。ハイルーフキャブのメリットは、なんといっても天井の高さによる快適なキャブスペースです。ダブルキャブやワイドキャブは積載部分を圧迫しますが、ハイルーフキャブはそのデメリットがありません。そして、ハイルーフキャブのデメリットは、ワイドキャブタイプと同じく、コスト面が高くなってしまう点です。高さ制限のある道路やトンネルを通過できない、などの制限も起こります。

キャブの種類まとめ

キャブの種類は様々です。トラック買取査定を受ける際に、業者から聞かれることもあるでしょう。その際にスムーズに情報を伝えられるよう、トラックのキャブについて把握しておくことにより、取引や査定がスムーズになります。トラック買取査定に出す前に、確認しておくとよいでしょう。

 

トラック買取サイトおすすめ5選

おすすめトラック買取査定サイト10選

メーカー別・トラック買取強化サイト一覧

トラック買い取りの査定額を上げるには?

知っておきたい!トラック買取基礎知識

トラック買取Q&A~気になる質問まとめ~

サイトマップ